水泳には何を買ったらいい?『水泳に必要なもの5つ!』水泳指導歴26年のプロスイミングコーチが語ります!

こんにちは。18歳の時にスイミングコーチになり、お子様からご年配の方まで多くの方に水泳を教えて現在水泳指導歴26年、その経験を活かし、水泳初心者に『楽しく泳ぐ』を伝えるプロスイミングコーチの『らくえい (楽泳)』です。

この記事では水泳初心者の人の疑問に答えていきたいと思います。

水泳初心者の2人
プールに行こうと思うんだけど、何を持って行けばいい?
楽泳コーチ
そうだよね。何を購入して持って行けば良いか不安になるよね。

 

この記事を書いている『楽泳』はこんな人!

 

 

水泳に必要な道具

水着

男性、女性ともに水着には種類が多くあり、特徴を理解した上で購入をしてください。

また、フィットネス用と競泳用の違いで素材が異なります。

長持ちさせたい、素材が厚くて温かくして泳ぎたいという人はフィットネス用を選んでください。

 

男性用の水着

  • スパッツタイプ
  • ボックス
  • ブーメラン

 

 

スパッツタイプ

フィットネスクラブなどでは主流の水着

太腿が隠れる長さで、体にフィットし、水の抵抗を受けにくいです。

ただし、他の水着に比べると着脱しづらいです。

 

 

ボックス

本格的に泳ぐ人にオススメの水着

スパッツタイプより丈は短く、下着のボックスパンツをイメージしてもらうとわかりやすい。

スパッツタイプより、デザインが豊富で絵柄で選ぶのも楽しみという人もいます。

 

 

ブーメラン

昔の小学校の体育の時間に履いたような水着

肌の露出が多いVラインの水着

水着が覆う部分が少ないので、締め付けや着脱も簡単、股関節をスムーズに動かせるので足を動かしやすいです。

 

女性用の水着

  • セパレーツ
  • オールインワン
  • ワンピース

 

 

セパレーツ

トップスとパンツが分かれているので、着脱がしやすい。

トイレには行きやすい。

トップスの裾のめくれ上がりが気になることがある。

 

 

オールインワン

フィットネスクラブで着ている人が多い水着

泳ぎやすい一体型で太ももまで隠すことが出来る。

泳いだり、水中歩行する人まで、全ての人にオススメの水着です。

 

 

ワンピース

泳ぐのに適した水着

 

スイミングキャップ

スイミングキャップ には、いろんな種類があります。

  • メッシュキャップ
  • シリコーンキャップ
  • 2wayキャップ
  • トリコットキャップ

スイミングキャップの被り方や洗い方も知っておいた方がいいです。

 

関連記事のタイトルをクリックしてください。

関連記事

こんにちは。18歳からバイトでコーチになり、現在水泳指導歴25年、お子様から年配者まで水泳を教えてきた経験を生かして、水泳初心者に『楽しく泳ぐ』を伝える人プロスイミングコーチの『らくえい (楽泳)』です。 […]

ゴーグル

ゴーグルにも、いろんな種類があります。

  • 子供用、大人用
  • ミラーゴーグル
  • 度付きゴーグル

ゴーグルを買っても長さが合わないとか、付け方が分からないなど

初心者ならではの悩みがあります。

 

悩みを解決したい方は、関連記事のタイトルをクリックしてください。

関連記事

こんにちは!『福岡を水泳で元気にする!』いつも全力!!水泳大好きスイミングコーチ「楽泳」です! 水泳で『ダイエットするぞ!』『鍛えるぞ!』と、やる気満々!!でも、どんな水着を、スイミングキャップ[…]

曇り止め

ゴーグルを購入するときに、曇り止め加工されているものが多く売られていますが

使用するたびに曇り止めの効果は落ちてきます。

視界がクリアで気持ちよく泳ぐためには、曇り止めを併用しておくといいです。

 

曇り止めには、いろんな曇り止めがあります。

普通のメガネやスキー用など。

使って欲しいのは、水泳用の曇り止めです。

 

曇り止めは、スプレータイプやスティックタイプがありますが

オススメは手を汚さずに塗ることが出来るという理由でスティックタイプです。

一滴、ゴーグルの内側に落とし、スティックの先に付いているスポンジなどで

塗り広げて、水で軽く余分な液剤をすすぎます。

 

スイムタオル(セーム)

水泳の良さは、水着とスイミングキャップ とゴーグルという数少なく、

かさばらない用品で運動できることです。

しかし、体をふくタオルがバスタオルだと、カバンの中を占領してしまいます。

オススメは水を拭いた後でも、絞るとすぐに乾くスイムタオル(セーム)です。

水泳以外にも旅行や家族でのレジャーの時にも利用できます。

 

メーカにもよりますが、スイムタオルもいろんな種類があります。

 

サイズ

S・M・L

 

素材

乾燥タイプ(吸収性はいいが、乾くと形が固定されてしまうので収納時に注意)

乾いても硬くなりにくいタイプ(吸収性は乾燥タイプより低いがタオルのように拭けて、乾いても硬くならないので、収納しやすい)


 

濡れた水着を入れる袋(ビニール袋でOK)

忘れてしまいがちなのが、濡れた水着を入れる袋。

プール施設には脱水機が用意されていますが、それでも完全に乾いたりはしません。

タオルにくるんだりしてカバンにしまったとしても、周りのもの濡らしてしまう恐れがあります。

そんなことにならないように、濡れた水着を入れる袋(ビニール袋可)を用意しておくと後悔しません。

 

まとめ

どうだったでしょうか。

プールに行く時に何を持っていけばいいか、分かりましたか。

何を用意したらいいのか分からないと不安になると思いますので、

この記事を読んで、参考にしてもらえたらと思います。

 

最近では、水着とゴーグルのセットで売っているものもあります。

メーカーにこだわりが無ければ、ネットで『水泳セット』で検索してもらうと

選ぶことが出来ます。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>レッスン・イベント予約はこちらから

レッスン・イベント予約はこちらから

ブログを読んでいただき、ありがとうございました。読んだだけでは、わからないこともあると思います。実際にレッスンを受けたり、イベント参加するとわかることがあります。『レッスン・イベント予約』ボタンから予約をお願いします。

CTR IMG